埼玉県鶴ヶ島市の本格らーめん店 麺屋信玄(めんやしんげん) ホームページ

麺屋信玄 瓦版

麺屋信玄の店内で読むことができる「瓦版」の部分抜粋集です。
なお、発行人である 進 氏は、店主の父です。

第485号

2019,2,9(土)

麺屋信玄 今日この頃 本日より「ネギ味噌らーめん¥750」を販売開始致しました。ネギは風邪の予防になるそうで、大流行中の風邪にかからないためにも食して頂きたくリリース致しました。匂いが?辛いから?とかありますので一度水洗い、水切りをして食べやすくひと手間くわえてあります。今が旬のネギ、美味しく食べて頂いたく思う、今日この頃です。


編集後記:カカオポリフェノール70%以上のチョコレートを毎日25g食べ続けると高血圧(収縮期血圧140mmHgあるいは拡張期血圧90mmHg以上)の人は−5.86、正常血圧の人は−1.62と、高血圧の人は正常血圧の人に比べ、大きく血圧が低下したという報告がされています。食べる量は一般的な板チョコの4分の1ほどでOK.

第484号

2019,1,27(日)

麺屋信玄 今日この頃 先日より「レモンらーめん¥780」を販売開始致しました。国産レモンをつかったパンチのある一杯です。特徴はハマグリ、アサリでとったスープの塩らーめんで低温調理したチャーシューは生ハムのような食感、これは旨いです。そして国産レモンは苦みがありませんので潰して絞ってからお召し上がり下さい。最後にレモンも食べてしまうお客様の多数見うけられます。早めにどうぞお試し頂きたく思う、今日この頃です。


編集後記:「インフルエンザの漢方薬には麻黄湯(まおうとう)」
 風邪のひき始めやインフルエンザの感染により、ゾクゾク寒気がし、発汗がなく、関節痛や腰痛など体のふしぶしが痛むときに用います。麻黄(まおう)と桂皮(けいひ)は発汗・発散作用をもつ代表的な生薬で、病因を発散して追い出すような働きをします。また、麻黄には薬理的にも重要な役割をする交感神経刺激薬のエフェドリンが含まれており、効果を発揮します。

第483号

2019,1,12(土)

麺屋信玄 今日この頃 塩らーめん「由布姫」について、
「由布姫」って誰なの?との質問が有りましてお答えします。
 諏訪御料人(すわごりょうにん)は、武田信玄や武田勝頼が登場する小説や時代劇には欠かせない人物である。
 実際の名は不詳な為、諏訪の美人な女性と言う意味で、諏訪御料人又は諏訪御前(すわごぜん)とも呼ばれる事が多いが、新田次郎著「武田信玄」では湖衣姫(こいひめ)、井上靖著「風林火山」では由布姫(ゆうひめ)と想像上の名で書かれている。
作者が大分県の由布院(現在の湯布院)で由布岳を見ながら執筆した為と言われている。
 諏訪御料人は信濃国・諏訪頼重(すわよりしげ)と側室になっていた小笠原長時の家臣・小見(麻績)氏のとの間にできた娘である。信玄の寵愛(ちょうあい)を受け、天文喝年(1546)に後の当主となる勝頼を産む。しかしその後病の身となり25歳で没した。

編集後記:「恵方巻き」大量廃棄問題!農林水産省がスーパーやコンビニなどの業界団体へ、1月11日付で事務連絡を行ったことが分かりました。「食糧資源の有効活用の観点から、需要に見合った販売を行ってほしい」と要望を送った。売りたい気持ちは解るけどね!

過去の瓦版2018

過去の瓦版2017

過去の瓦版2016

過去の瓦版2015

過去の瓦版2014

過去の瓦版2013

過去の瓦版2012

過去の瓦版2011

過去の瓦版2010

過去の瓦版2009

過去の瓦版2008

過去の瓦版2007

第八十九号以前の瓦版は店内でご覧下さい。

麺屋信玄ホーム

© 2008 MENYA SINGEN All rights reserved.